現代レトロ系妖怪4コマ

懐古商店 夢幻堂

舞台は現代の日本。
現実味あふれる世界の非現実的な商店組合のお話です。
本編は4コマ形式で夢幻堂を中心とした日常を、
番外編ではいろんなキャラを主役にした短いお話を描いていく予定です。

話を作り始めた時期は2004年4月。
和風でレトロな現代モノを描きたくて作りました。
登場キャラクターは26人+1匹。
ほとんどが人外生物です。


世界設定

舞台は現代の日本です。物語の中での時代は2005年。

世界には妖怪など様々な不思議生物が人知れず暮らしていますが、
人間世界に混じって暮らしている者たちもいます。それが懐古商店組合の面々。
組合員は一見人間と変わらない外見の者がほとんどですが、
皆どこかしら変で不思議でレトロな方々です。
商売相手は一般の人間から人外生物まで幅広く。

登場キャラのだいたいの居住地です。
雑貨屋夢幻堂、貸本屋賢生庵、大森高校は関東のどっかの大森町にあります。
人形屋柘榴館は横浜あたり。
鴉旅館は富士の樹海。
次郎坊は滋賀県比良山に住んでいます。
高林坊は和歌山県高野山に住み、駄菓子屋金剛も高野山の麓にあります。
太郎坊は京都府愛宕山に住んでいます。
呉服屋呉屋も京都。
郵便局は神戸のあたりにあります。

地図に記載のない人外キャラは定住していません。


Copyright © 2002-2014 Mutsuki Hamahiga All rights reserved.

トップへ戻る

サイトマップ

漫画とかイラストとか

ブログ

更新履歴

リンク

インデックスに戻る

Web拍手 メールフォーム

中国史部屋

Twitter 手書きブログ